【ポケモンSMシーズン3】ブラッキー入りレート2000到達パーティ

f:id:zetsubo_1017:20170421182750p:image

 

みなさん、お久しぶりです。「ブイズ厨が栄冠ナインを掴むレート実況」という動画を投稿してます、VAN蔵です。就活ストレスの息抜きということでレートやってたら、ブラッキー入りでレート2000到達できました!!

 

http://sp.nicovideo.jp/watch/sm31088178

 

ぜひ、動画もよろしかったら見てください。以下、レート2000のパーティの考察をしていきます。

 

 

ブラッキー 図太い@ゴツゴツメット

ヒードラン 穏やか@たべのこし

ミミッキュ 意地っ張り@フェアリーZ

カプ・コケコ 控えめ@こだわりスカーフ

マンムー 陽気@きあいのタスキ

ボーマンダ 慎重@ボーマンダナイト

 

 

 【総評】

SM環境になってフェアリータイプが増えた中、ブラッキーは通用しないだろうと思ったが、予想以上に選出回数が多かった。ブラッキーヒードランの並びが好感触だった。今回のMVPはヒードラン。環境トップのミミッキュに強いところがよかった。また、ヒードランボーマンダの並びも好感触だった。ブイズを入れてレート2000という目標でやってきて、まず第1章をブラッキーで終わらすことができ、とても満足した。

 

 以下、1匹ずつ型を紹介していく。

 

f:id:zetsubo_1017:20170420223353j:image

ブラッキー 図太い @ゴツゴツメット

特性シンクロ

努力値 H244 B252 S12

技構成 イカサマ 月の光 癒しの鈴 どくどく

 

癒しの鈴を持った型のブラッキー。自身の毒を治したり、後述するボーマンダのやけどなどを治したりなど癒しの鈴は結構使える場面が多かった。レート序盤だと、癒しの鈴ブラッキーを知らないプレイヤーが多く降参させることができた。また、ガルーラガブマンムーといった物理ポケモンにはバンバン受けだして良いが、ガブはドラゴンZに注意。フェアリータイプが多い環境の中で、ミミッキュ、カプコケコは基本的に3確なので相手の型と、上手く立ち回ることができれば対面から勝つことができた。

 

 

f:id:zetsubo_1017:20170420224124j:image

ヒードラン 穏やか @たべのこし

特性もらいび

努力値 H212 B4 D216 S76

技構成 マグマストーム どくどく まもる みがわり

 

フェアリー受けが基本。ミミッキュやカプテテフを受ける。が、ミミッキュのけんまいシャドクロは確2、カプテテフの気合玉Zは確1なのでそこは注意すること。マグマストームどくどくが当たるかどうかで試合の展開が全然変わるので運が必要。後述するボーマンダと組み合わせて受けループのヤドランに毒を入れて、ボーマンダで、はねやすめみがわりして他を全抜きといった勝利の方程式ができあがった。

 

 

 

f:id:zetsubo_1017:20170420230658j:image

ミミッキュ 意地っ張り @フェアリーZ

特性ばけのかわ

努力値 H4 A252 S252

技構成 じゃれつく シャドークロー かげうち 剣の舞

 

 環境トップポケモン。とりあえずフェアリータイプのポケモンを入れたかったのと、積んだポケモンを一回は止める要因で入れた。フェアリーZの理由はこのパーティが全体的に火力不足なので、そこを補うため。正直困ったらこいつ出しとけばいい。こいつは性能がおかしい。

 

 

 

 f:id:zetsubo_1017:20170420230725p:image

カプ・コケコ 控えめ @こだわりスカーフ

特性エレキメイカー
努力値 C252 S220 H36
技構成 10まんボルト とんぼがえり ボルトチェンジ マジカルシャイン

前回の記事と型は変わらず。Sはからやぶしたパルシェン抜き調整。「1舞したメガギャラやメガマンダ、からやぶした意地パル等」を上から意表を突きまくった。相手の顔が見てみたい。また、バトルの初手で出すことがほとんどだったので、後ろにブラッキーorヒードランを置くとサイクルしやすかった。相手のパーティにキノガッサがいた場合は極力選出した。とんぼを採用したおかげで地面で止まることが解消された。最後に、この技構成なら控えめではなく、うっかりやを推奨する。なぜなら、とんぼ+マジシャで耐久無振りガブリアスを高乱数で倒せるからである。

 

 

 

f:id:zetsubo_1017:20170420231331j:image

マンムー 陽気 @きあいのタスキ

特性あついしぼう

技構成 つららばり じしん こおりのつぶて ステルスロック

 

マンマン構築の1匹。陽気の理由は相手のマンムーを上から倒すため。最近のマンムーは意地っ張りが多い傾向に感じた。電気の通りを無くすために選出することがあったが、基本最近のカプコケコやボルトロスは草結び、気合玉を持っているので、難しい。選出は一番少なかったと思う。

 

 

 

f:id:zetsubo_1017:20170420231829j:image

ボーマンダ 慎重 @ボーマンダナイト 

特性いかく

努力値 H244 A4 B4 D188 S68

技構成 すてみタックル 龍の舞 羽休め みがわり

 

このパーティの絶対的エース。ほぼほぼ選出した。この努力値調整は個人的に最高傑作だと思っている。Sは準速ミミッキュ抜き。クレセリアやポリ2、ヤドランなど物理受けにどくどくを入れて置くとこのマンダで突破が可能となる(こおりはしらん)。基本的に物理特殊どちらも一回は耐えるのでマンダは初手竜舞や(⌒,_ゝ⌒)

 

 

【基本選出】 

ヒードラン ボーマンダ@1

マンムー ボーマンダ@1

ブラッキー ヒードラン@1

④ガッサ入り基本的にコケコ出す

 

 

【苦手な構築】

①クレセドラン ミミッキュけんまいぐらいしか突破手段がない

 

②バトンパ どーしようもない

 

③回避率あげるポケモン とりあえずチネ

 

最後に貼っておく〜

f:id:zetsubo_1017:20170426160617p:image 

S130族のスカーフ!? レート2000到達パーティ

f:id:zetsubo_1017:20170117143248p:plain


どーも、はじめましてVAN蔵です。普段はニコニコ動画で「ブイズ厨が栄冠ナインを掴むレート実況」というタイトルで動画投稿しているものです。(なお、シーズン1の環境でブイズ入りは諦めますた)


http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/57719970


ぜひ、動画の方もよろしかったら見てください。以下、レート2000のパーティの考察をしていきます。





カプ・テテフ 控えめ@エスパーZ

カプ・コケコ 控えめ@こだわりスカーフ

ギャラドス    陽気@ギャラドスナイト

ガブリアス    陽気@きあいのタスキ

ハッサム       意地っ張り@ハッサムナイト

ポリゴン2     図太い@しんかのきせき


【総評】もともとは、テテフを抜いてブラッキー(1940台)グレイシア(1920台)を入れたパーティ。しかし、シーズン終了間近ということもあり、途中で断念。ブイズ厨とはなんだったのかということはさておき、第7世代の新ポケのカプ系を2体を入れてレート2000にいけたのは素直に嬉しい。このパーティのMVPはタイトル通りカプ・コケコ。意表を突きまくり、相手を驚愕させた。また、試合数は400試合を超えたので、どのポケモンがどんな動きをするのかをシーズン1で確認できたのは大きい。個人的に6世代との大きな違いはZ技による受けポケの役割破壊を攻める方でも受ける方でも感じた。シーズン2からレートを始める人たちは最初気をつけてほしい。


以下、1匹ずつ型を紹介していく。



f:id:zetsubo_1017:20170116182121p:plain


カプ・テテフ 控えめ@エスパーZ

努力値 C252 S252 D4

技構成 サイコキネシス シャドーボール めざめるパワー炎 ムーンフォース


こいつの火力と器用さは好きになった。パーティで重かったポリゴン2ギルガルドを無理矢理突破してくれた。受けにきたギルガルドなどの鋼タイプはサイコフィールド化のエスパーZ+サイキネは受かっていなかった。準速までSを振ることで最速80族のマンムーなどに対面で勝てたのは大きい。



f:id:zetsubo_1017:20170116182209p:plain


カプ・コケコ 控えめ @こだわりスカーフ

努力値 C252 S220 H36

技構成 10まんボルト とんぼがえり ボルトチェンジ マジカルシャイン


今回のパーティのMVP。Sは1舞誰か抜き調整。忘れましたm(._.)m「1舞したメガギャラやメガマンダ、からやぶした意地パル等」を上から意表を突きまくった。相手の顔が見てみたい。また、テクスチャーZしたポリZをハッサムと組み合わせて上から殴って削る役割もあった。コケコはバトルの初手で出すことがほとんどだった。初手にコケコを出てきやすいことは相手も知ってるようで、地面枠を最初よく誘った。とんぼを採用したおかげでスカーフの動きにくさが解消された。最後に、この技構成なら控えめではなく、うっかりやを推奨する。なぜなら、とんぼ+マジシャで耐久無振りガブを高乱数で倒せるからである。


f:id:zetsubo_1017:20170116182303j:plain


ギャラドス 陽気 @ギャラドスナイト

努力値 A252 S252 H4

技構成 たきのぼり じしん りゅうのまい みがわり


メガ枠1匹目。相手のパーティがテッカグヤーガラガラのような並びの場合は積極的に選出した。あと、環境に刺さっていたジバコイルを見たときも。立ち回りとしては、特にテッカグヤ(経験上80%やどまも型)との対面は身代わりして竜舞全抜きor降参させることがとても多かった。この型ではマンダにとても弱いのでそこは注意したい。


f:id:zetsubo_1017:20170116182414j:plain


ガブリアス 陽気 @きあいのタスキ

努力値 A252 S252 B4

技構成 げきりん じしん ほのおのキバ つるぎのまい


レートの守り神。今世代もこいつはほんとに強い。選出すれば、とりあえず活躍してくれるポケモン。特に意識した立ち回りとしては、でんきタイプのような有利対面ではけんまいして、受けにくるブルルやテッカグヤに炎キバを打ってサイクル崩壊をよくさせた。タスキけんまいガブは6世代ではあまり使わなかったが、今後も使っていきたいほど癖になる強さだった。


f:id:zetsubo_1017:20170116182447j:plain


ハッサム 意地っ張り @ハッサムナイト

努力値 H236 A124 B52 D92 S4

技構成 バレットパンチ とんぼがえり つるぎのまい はねやすめ


もう1匹のメガ枠。型は完全に某実況者のハッサムのもの。パーティで重いポリ2に強いので、ポリ2がいた場合は積極的に選出。しかし、ダウンロードポリ2はめざ炎ほぼ確実に持ってるので注意。また、ガブもほぼ炎技を持っているので、不意な炎技には注意しないといけない(めざ炎ガルドとかいう変態もいた)。正直、ハッサムが場に居座り続けることは少なかったので、この型は7世代では使いにくいかも?



f:id:zetsubo_1017:20170116182518j:plain


ポリゴン2 図太い @しんかのきせき

努力値 H244 B252 S12

技構成 れいとうビーム ほうでん どくどく じこさいせい


シーズン1犯罪ポケモン。はたき持ちがほとんどいなかったので最強。突破される場合はZ技、瞑想けんまいガン積み、毒殺、ルカリオぐらいだった。マンマン構築やポリ2を見た際は積極的に選出。特に、相手のポリ2は突破手段がほんとに少ないので意識した。7世代ならではの立ち回りとしてはテテフコケコブルルのフィールドが消えるまでじこさい連打という動きを何度かした笑 なお、コケコは身代わり瞑想電気Zとかいう型もいるので要注意。


【最後に】

最高レートは2033でした。初めてのレート2000ということでとても嬉しかったです。対戦回数はとても多いですが、このパーティにしてからは100戦しないぐらいでレート2000に乗れたので良かったですね!

シーズン2もレート2000乗れたらブログ書きますね(*´∀`*)

f:id:zetsubo_1017:20170116182556j:plain